カンジダ症を再発した時の対処法

カンジダ症について
性病の1つであるカンジダ症は、男性に比べて女性の感染者が多い病気です。
男性の場合は尿と一緒に菌が体から出ていき、発症しにくい傾向があります。

症状としては性器の痒みやおりもの増加など。
膣のまわりが痒くなり、白くポロポロとしたおりものが増えます。
男性の場合は亀頭周りに白いカスが付着するのが特徴です。

性行為によって男女間に感染しますが、実はカンジダ症の感染経路はそれだけではありません。

カンジダ菌は膣内の常在菌の一種。乳酸菌の自浄作用によって数は抑えられています。
しかし膣内の乳酸菌が減ると、カンジダ菌の数が増えてしまいます。
そうなると痒みなどの症状が現れてしまうのです。

常在菌である以上、完全に殺菌することはできません。
カンジダ症は再発リスクがとても高いため、発症時のケアが重要なポイントになります。

自然治癒より治療薬で治すべき!

カンジダ症は自然に治ることもあり、それほど気にしない方も多いでしょう。
しかし痒みがひどくなる可能性もあるので、できるだけ早めの治療が大切です。

抗真菌薬があれば症状は簡単に治まります。
飲み薬・塗り薬のどちらも効果的で、通販であればフォルカンやクロトリマゾールクリームが人気です。
これらの薬は水虫やいんきんたむしなど、カビによる症状にも効果があります。
再発に備えて買っておけば、症状が出たときすぐに対処できるので安心です。

また、日頃から過剰な洗浄を控えることも意識しましょう。
菌の増殖を防ぐには洗浄も必要ですが、乳酸菌まで洗い流してしまう恐れがあります。
適度なケアが理想的です。

免疫力の低下もカンジダ菌を増やす要因なので、健康的な生活を保つようにしましょう。